この広さ!家族におすすめ賃貸物件。

ファミリー向けの賃貸物件は1LDK以上が狙い目

家族で住む賃貸物件は、以前なら2DKで35平米程度が一般的でしたが、鉄骨構造の物件が増えたことにより近年では1LDK以上が主流となっています。40平米以上の賃貸物件ならばリビングに10畳以上取れることも多いです。
郊外であれば2LDKで50平米超えも狙えますが、通勤を考えた時には1LDK物件が現実的と言えるでしょう。40平米以上の物件を狙う時には小学生以下の子供がいる世帯は敬遠されがちです。既に小学生以下の子供が多く住むファミリー向けの賃貸物件を最初から狙えば、お互い様という話となり安心して住めるでしょう。家賃とのバランスを考えた時に最も割安感が出るゾーンを知っておくと、賃貸物件探しがしやすくなります。

メゾネットタイプなら上下階の騒音対策に

家族で住む際に子供がいる世帯では、子供が家の中を走り回る騒音が問題となりやすく、子供不可の賃貸物件が存在するくらいです。メゾネットタイプの賃貸物件を選択すれば、上下階の騒音は気にする必要が無くなります。左右への騒音対策に集中すれば良いわけです。
階段が含まれることから、階段部分を含めた面積として45平米以上を狙うとリビングにある程度の広さを確保しやすくなります。50平米を超えてしまうと一気に相場が跳ね上がることになるので、リビングの広さを重視して寝室とキッチンはコンパクトに抑えれば50平米を下回ることが可能です。メゾネットタイプの賃貸物件が増えている状況は、ファミリー世帯を意識した物件をオーナーが考えているからです。

吉祥寺の賃貸物件は、大変人気となっています。独身者向けはもちろん夫婦やファミリー向けの物件もあり、好評です。

© Copyright Tax House.All Rights Reserved.